Loading...

大切なお知らせ

  • 【献立内容変更のご案内とお願い】

    2022/09/15

    夏の終わりが見えない2022年。秋の気配はあるもののなかなか秋にはなりきらず、夜にようやく一息つけるという日が続いています。

    こんにちは。県民割の延長、全国旅行割開始前の足踏みと観光業界にとっては一喜一憂が続きます。でも、食欲の秋はもう目の前です。11月も中旬を過ぎれば鴨が解禁となります。冬に向け、生物の本能を頼りに食べることを楽しみにして、コロナ予防の免疫力アップのためにも毎日おいしい食事を精一杯食べるように心がけたいと思います。

    さて、そんな時にこんなお願いは非常に心苦しいのですが、事前に皆様にお伝えしなければと思い掲示板を活用させていただきます。

    ご存じの通り、色々なモノの値段が上がっております。値上げラッシュの秋がやってきます。当館でも、色々と議論の結果、お食事を工夫することで、値段を上げることを先延ばしにという結論に至りました。正直申し上げて、年が変わり春ごろには価格改定のお願いをさせていただくことになろうかと思います。ただ、なんでもかんでも上がってばかりでは身も心もさみしい感じがします。他方、踏ん張って頑張ってと言えない状況にもなってきております。どっちやねん!とお叱りの声をいただきそうですが、こればかりは、政治を批判しても技術革新の遅さを批判してもやるかたなく。それをそのまま皆様に転嫁というのも違う気がします。

    中庸。折衷案。なにとぞご理解賜りますようお願いいたします。

    ということで、旅館紅鮎では10月1日より物価上昇に伴う宿泊価格上げを避けるため、お食事の内容を見直させていただきます。ご批判の向き、遠慮なくお申し付けください。皆様の声を今後の方針に反映させていただきます。毎度毎度になりますが、皆様と共に変化し、悩み、歩む宿でありたいと思います。来年は全館の改装も視野に、日本の伝統文化でもある旅館として引き続き皆様を笑顔でお迎えできる宿として生き残る道を探してまいります。

    あ、余談です。

    11月から海外のお客様のご予約が増えてきました。複雑です。世の中をにぎわしたウクライナ情勢は大きく変化してきました。ミャンマーは過激な方針が続き、香港の民主主義は風前の灯火です。なんでだろう。何が原因だろう。誰が悪いんだろうと考えても尽きぬ悩みです。日本という平和な社会に生まれたことに感謝するとともに、今一度コロナ後を皆様と共に考えたいと思います。一人一人が出来ること。旅館紅鮎はウクライナを応援します。ミャンマーの民主主義を応援します。そして、香港のことも忘れません。

     

  • 【県民割】滋賀旅延長決まりました。

    2022/08/27

    こんにちは。今年は、木之本地蔵の大縁日が、出店の件数制限はあったものの、これまで通りの規模で開催されました。最終日25日の花火は、例年よりも長めに上がったような、いつも通りだったような。早くコロナが終われ!という思いのせいで長く感じただけなのでしょうか。

    さて、滋賀県民割の延長が決まりました。パチパチパチ👏 コロナ陽性者全数把握は都道府県判断にとなり、県民割(旅行需要喚起施策)も各県判断。今の政府が自分たちの責任の下で何にも決められないんだと、すごくよく分かる決定になった気がします。とはいえ、ガッカリしながらも、これからは地方の時代になるのかなと嬉しくもあり、あとは財源を地方に任せてくだされば、ドンドン地域の想いの沿った未来志向なこれからを考えられる気がします。

    とにもかくにも、県民割が9月30日(金)のご宿泊まで延長となりました。9月1日(木)宿泊分~は、滋賀県独自の振興策である周遊クーポンの2,000円分増額が加わります。県内を楽しく、よりお得に回っていただけることになります。これは、滋賀県民割が連動する岐阜、福井、奈良、和歌山、京都、兵庫、三重にはない特典ですので、ぜひぜひご利用ください。今までの2,000円分クーポンだと、竹生島に行くには追加出費が必要でしたが、これで超お得に出かけることができるばかりか、差額で賤ケ岳リフトにも乗れてしまいます!湖北を満喫!( ´艸`)

    写真は米原市醒ヶ井宿の梅花藻です。そろそろ終わりを迎えます。朝夕の暑さも、夏真っ盛りほどではなくなってきましたので、少ししのぎやすくなった9月だからこそ、リラックスに水辺でののんびりをお勧めします。湖畔の紅鮎で、いつも通り皆様をお待ちしております。

    「今こそ滋賀を旅しよう !第6弾」(滋賀県民+指定府県民限定)宿泊補助割引+しが周遊クーポン!宿泊プラン | 滋賀県の魅力を特集記事でご紹介 | 滋賀県観光情報[公式観光サイト]滋賀・びわ湖のすべてがわかる! (biwako-visitors.jp)

    梅花藻_醒ヶ井

    野鳥センターフォトコンテストの過去の入賞作です。

  • 【お願い】コロナ下でのキャンセルについて

    2022/08/10

    こんばんは。

    明日、8月11日、やっと北陸への交通が復活します。これで残る不通区間は北陸自動車道下り線「敦賀~今庄」間(再開時期未定)のみとなります。復旧に関わられた多くの皆様のご尽力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。また、大雨の際にご心配下さったん皆様も本当にありがとございました。あの後、びわ湖の西岸には、それこそ多くの流木が流れ着き、竹生島への船は流木で港に入れないなど、自然の猛威が及ぼした被害がまだ終わっていないことに驚かされる毎日です。

    さて、コロナ陽性者が増加の一途をたどっています。本日も、コロナかもしれないとことで、直前予約キャンセルの連絡を複数頂戴しました。ただ、お電話いただく中にはキャンセル事由に対して「?」なご連絡も多く、キャンセル料を全て免除させていただくのは悩ましい事例が増えております。「日を変えるだけだから良いだろう!」、「コロナかもしれないのに行っていいのか?」、「こっちはコロナで大変なのに、まだ儲けるつもりか!」 キャンセルのお申し出には、正直なところ、心無い物言いでご連絡いただく方がおられ、電話を受けるスタッフも困惑することが増えております。

    ついては、コロナ下でのキャンセルについて、当館の方針をご案内いたします。

    キャンセル料が発生する期間内における発熱や倦怠感を理由にしたご予約の取消しについて、大変恐縮ですが【一旦キャンセル料として規定の金額を請求させていただきます。】あらかじめご了承くださいませ。理由は、現在頂戴している予約のお日にちにおいて、宿泊をお断りしている他のお客様がいらっしゃるからです。もちろん、ご連絡いただく皆様はなりたくてコロナになった訳ではないとの事情、十分に理解いたしております。しかし、コロナが全ての免罪符になろうとしてしまっている現状を踏まえ、次回ご宿泊の際、お支払いいただいたキャンセル料の中から食材等の経費を差し引いた金額を清算時にお戻しするという対応にて、ご理解賜れればと存じます。

    コロナは人の行動を大きく変容させましたが、それ以上に人の気持ちを大きく変容させました。

    私たち宿屋は、その日のその部屋とお料理を、次の日に別の方にお譲りできる商いではありません。ご旅行される皆さまが、コロナ下でもせっかくの機会にと楽しみにお出かけになる時間を出来る限り豊かにするべく、毎日懸命に準備をしております。スタッフ本人やその家族に陽性者・濃厚接触者が出る中でも、皆で手を取り合い、少しでもお客様にご迷惑をおかけしないようにと毎日の運営を続けております。なにとぞ色々な事情をお含みいただき、「体調快復後に仕切り直して出かけよう!」と、ご寛容いただければ幸いです。

    末筆となりますが、他の地域でも頻発する自然災害が少しでも軽微で済みますこと、世界中を混乱に巻き込むロシア始めた戦争が少しでも早く終わりますことを心より願いつつ、明日も明後日も、そのまた次の日も、精一杯の笑顔と元気で皆様をお迎えできる宿として頑張っていければと思います。ご予約、ご宿泊、またお気遣い誠にありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

    月夜の港

    野鳥センターのフォトコンテスト入賞作です。

  • コロナウィルス感染防止に向けた取り組み(2021年5月18日改定)

    2021/05/18

     こんにちは。なかなか終息が見えないコロナ禍です。皆様をお迎えするための感染対策を継続しておりますが、新型株のまん延拡大に伴い、新たな取り組みも含めて次の感染防止対策を実施します。なお、旅館紅鮎は、感染可能性のあるお客様のご宿泊は受け入れないという前提に立って各地からのお客様をお迎えしております。また、当方が実施するコロナ感染防止対策によって、100%のリスク回避は不可能であることをご理解いただけるお客様にご来館いただきたいと考えております。
    何卒、ご承知おきくださいますようお願い申し上げます。

    ■旅館紅鮎の感染防止対策

    ・予約確認時に健康状態をお聞きするなど、お客様との意思疎通を図っております。
    (確認電話時点での発熱等コロナ感染に類する体調不良によるキャンセルは無料に。)
    ・お客様ご自身による車回送をスムースにすることを目的に駐車場を舗装整備しました。ご協力をお願いします。

    ・入館時に検温を実施し、37.5度以上の発熱が認められる場合の入館はお断りいたしております。
    ・チェックイン時に健康チェック表にご記入いただき、お客様同士の感染リスクの軽減を図ります。
    ・全ての客室とパブリックスペースの一部に次亜塩素系の噴霧器を設置しています。
     (*)厚生労働省認可の製品です。安心してご利用ください。https://freekira-shop.jp/
    ・ご希望のお客様には携帯用消毒液(逆性せっけん液)を貸し出しています。
    ・清掃後の消毒作業をこれまで以上に強化し、客室にはそれぞれ消毒液を設置しました。
    ・個室食事処または部屋食での対応を主体とし、ソーシャルディスタンスの確保に務めています。
    ・大浴場、脱衣場を利用時の混雑緩和策を講じます。(入浴人数の明示など)

    ■お客様へのお願い

    ・館内、パブリックスペースをご利用の際はマスク着用をお願いいたします。

    ■スタッフの取り組み
    ・毎日の体調管理を心掛け、出勤時には検温を行い、チェック表に記入します。
    ・出勤時のうがい、手洗い、アルコール消毒の実施を記録します。
    ・接遇時にはマスクの着用を決まりとし、状況によって衛生用手袋を着用して接客します。
     (*)味見や呼吸困難の原因となる場合はマスクなしでの勤務も認めております。
    ・共用部の拭き掃除を、これまで以上に強化しています。
    ・客室などで接触があった場合のアルコール消毒の推奨。
    ・やむを得ぬ事情でまん延防止、緊急事態宣言エリアに行く際の体調管理と記録。
    ・同居家族との情報コミュニケーションを密にし、相互の体調管理。

    このほかにも、お客様からのご意見やご要望を丁寧にお聞きして、感染防止のための対策を強化していきたいと考えています。ご宿泊中に気になった点、ご来館前に不安に感じられることがございましたら、お気軽にお声がけください。